コラムコラム

NEW!ナレオ待望の新アルバム、リリース

2018.06.01 ハワイアンCD
NEW!ナレオ待望の新アルバム、リリース" data-hatena-bookmark-layout="simple" title="このエントリーをはてなブックマークに追加">このエントリーをはてなブックマークに追加

NA LEO
ナレオ
『ビューティフル・デイ』
(ハワイ盤/配信)


Amazon http://amzn.asia/hXbVFhE
iTunes https://itunes.apple.com/jp/album/beautiful-day/1368045290?app=itunes

久しぶりのナレオの新作が出ました。ナレオが日本のハワイアンブームに与えた影響は絶大で、ケアリイ・レイシェルが登場する前は、ハワイアン音楽の代名詞と言えばナレオとテレサ・ブライトでした。どちらもTVCMで使用されたのがきっかけでブレイクしたのでした。ナレオはノースショア・セレナーデが使用されていましたね。何のCMだったかは忘れてしまいましたけど。

さて今回のナレオはいつも以上にハワイっぽさと本土西海岸っぽさが上手く溶け合って、心地よさだけでなく、真剣に何かを訴えるようなシリアスな雰囲気の曲もあって、それが良いアクセントになっています。

1曲目「グッド・シング」はミディアム調の少しだけ90年代の香りのするかわいい曲。続いて、人生を山登りに例えたように聴こえる「アップ・トゥー・ザ・マウンテン」の切々と訴える感じ、今までのナレオになかった雰囲気でじっくり聴かせます。ウクレレ2本の演奏がとってもかわいいタイトル曲「ビューティフル・デイ」。なつかしいビージーズのカヴァー「愛はきらめきの中に」は3人のコーラスがきまっています。雨の日に聴いたら泣けてきそうな「ホワット・ザ・ワールド・ニーズ~」も心に残った1曲です。

夕陽に染まる山の中腹に佇む3人が美しいです。いつものジャケットの雰囲気ではありませんが、僕は音の方も、このいつにないナレオを感じてしまってこのアルバム大いに気に入りました。
ナレオ、今年も東京のクラブに来るでしょうか? 久しぶりに聴きに行ってみようと思います。

 

~ひとことアロハコラム~

梅雨が始まる直前のこの季節に、毎年5日間くらい休みを取って家のことをします。梅酒づくりとらっきょを漬けること。それと春先から伸びてきた小さな庭の木々の手入れ。今はブルートゥースのスピーカーがあるから、外の作業もBGM付きで快適です。頬に感じるこの時期だけの暖かくてふわっとした風も心地いいです。一番好きな季節かもしれません。
こんな時に今回のナレオはピタッときました。彼らの微かな進化はちょっと嬉しかったです。デビューしたカメハメハスクール時代から、伝統的なハワイアンにこだわらず、独特の音楽観を打ち出して地道に歩んできた彼らをリスぺクトしています。