コラムコラム

NEW!クイーン カピオラニ ホテル ミッドセンチュリーモダンをテーマとしたオリジナルアートを披露

NEW!クイーン カピオラニ ホテル ミッドセンチュリーモダンをテーマとしたオリジナルアートを披露" data-hatena-bookmark-layout="simple" title="このエントリーをはてなブックマークに追加">このエントリーをはてなブックマークに追加

「クイーン カピオラニ ホテル」では大規模な改装工事が進行中です。

リニューアルの一環としてホテルのグランドロビーを飾る新たな壁画が公開しました。

 

 

Waikiki Fun, Nick Kuchar(ワイキキ ファン、ニック・カッチャー)

オアフ島在住の人気イラストレーター、ニック・カッチャーは、1960年代にルーツを持つホテルの歴史とその精神にインスピレーションを受け『ワイキキ ファン』というタイトルの作品を制作。この作品はサーフィンやダイヤモンドヘッド、すぐ近くのワイキキシェルでのライブミュージックなどをモチーフに、世界的に名の知られたワイキキビーチとその海岸線を走るカラカウア・アベニューを描いたもの。サーフカルチャーをテーマにヴィンテージな色使いと文字デザインを添えた作品はノスタルジックな個性を漂わせています。

 

Lei Greeter of Ulukou, Mike Field(ウルコウのレイ・グリーター、マイク・フィールド)

ワイキキ生まれのマイク・フィールドは、ハワイならではの温かみにあふれ、時を越えたホスピタリティをテーマにした壁画を制作。ウルコウとは「コウの木立」という意味で、ワイキキのアリイ(ハワイの王族)たちが好んだ場所を指します。涼やかなやさしい風が吹き、セイリングを楽しみ、木陰で休息を取るのに最適な場所でした。『ウルコウのレイ・グリーター』は、ダイヤモンドを背景に夕暮れ時の海岸を望むウルコウで、レイを手に訪れる人を歓迎する女性の姿が描かれています。

Maka and Pineapple Boy, Katie Borden(マカとパイナップル・ボーイ、ケイティ・ボーデン)

クールなパイナップルのサーファーと忠実な相棒。ヴィンテージなスポーツのポスターにインスピレーションを受け、ケイティ・ボーデンが制作した『マカとパイナップル・ボーイ』は、1960年代の古き良き時代の愉快な雰囲気を今に伝える楽しいサーフィンの壁画です。

 

クイーン カピオラニ ホテル

http://www.queenkapiolani.com/art.htm