コラムコラム

NEW!イーティングハウス1849 by ロイ・ヤマグチ プランテーションスタイルの新ステーキメニュー登場

NEW!イーティングハウス1849 by ロイ・ヤマグチ プランテーションスタイルの新ステーキメニュー登場" data-hatena-bookmark-layout="simple" title="このエントリーをはてなブックマークに追加">このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンポラリーなローカル料理をオープンエアーの空間で提供する「イーティングハウス1849 by ロイ・ヤマグチ」では、新しくハワイのパニオロ(カウボーイ)たちの食文化に着目し、その代表的な料理であるステーキをメニューに加えました。ワイキキとカポレイのオアフ島両店舗にて、5つの異なったカットの直火焼きステーキを提供します。

ステーキには、オアフ島西部にあるクノア・キャトル・カンパニー産、およびカリフォルニアとコロラド産の牧草・穀物育ちの牛肉を使用。付け合わせ2つとソース込みで$50以下という手頃な価格で提供。

 

8オンスのトップサーロイン($26)、8オンスのフィレミニョン($39)、12オンスのニューヨークストリップ($34)、そしてボリューム満点の22オンスのポーターハウス($49)を用意。加えて、カポレイ店では12オンスのリブアイ($38)を、そしてワイキキ店ではさらに大きい16オンスのリブアイ($44)も楽しめます。

各ステーキに付く2つのサイドディッシュは、ワイキキ店では、ユーコンポテトのマッシュ、バターとうもろこし、ローストレッドブリスポテト、グリルドアスパラガスからのチョイス。

カポレイ店では、マッシュポテト、フィンガーリングポテトリヨネーズ、チョリソーマカロニ&チーズ、炒め芽キャベツ、焼きとうもろこし、ガーリックロングビーンなどから選べます。

ステーキソースは、一番人気の特製EHステーキソースとチミチュリソースのほか、ワイキキ店では柚子胡椒バターとローストガーリックディジョンソース。

カポレイ店では柚子醤油フィナデニソース、トマトサンバルソース、四川花椒デミグラスソースを揃えています。

 

イーティングハウス1849 by ロイ・ヤマグチ

【ワイキキ店】

住所:2330 Kalakaua Avenue インターナショナル マーケットプレイス3階

営業:毎日午前11時~午後10時(ランチ&ディナー)

予約:(808) 924-1849

【カポレイ店】

住所:4450 Kapolei Parkway カポレイ・コモンズ内

営業:ランチ 毎日午前11時~午後3時

ディナー 午後5時~午後9時(日〜木曜日)、午後5時〜午後10時(金・土曜日)

予約:(808) 447-1849

公式サイト:http://www.eatinghouse1849.com