コラムコラム

『ディズニー・ハワイアン・アルバム~DA BEST!』

2019.01.23 ハワイアンCD
このエントリーをはてなブックマークに追加

ディズニー・ハワイアン・アルバム

~DA BEST!~

 

 

ディズニーの名曲を今が旬のアーチストがカヴァーした楽曲を集め、新録音も加えた豪華なアルバムがリリースされました。

ハワイアンのアルバムの発売はゴールデン・ウィークから梅雨明けまでというのは昔の話。今は年が明けたら気分はファンもレコード会社も一気に夏なんですね。

 

おなじみのマーク・ケアリィ・ホオマルとカメハメハスクールが歌うリロ&スティッチの「ハワイアン・ローラーコースター」と「リロの歌」、クアナ・トーレスが切々と歌い上げ最後にナプア・グレイグが出てきて盛り上げる「南の島のラブソング」など、すでにおなじみの曲が次からづぎへと流れていきますが、「パイナップル・プリンセス」は60年代のアネット・ファニセロのオリジナルを入れていたりとなかなかこだわっています。

 

「アンダー・ザ・シー」はキナ&カラニの息のあったコーラスに何故か元気が出てしまいます。小6の天才ウクレレ奏者、近藤俊樹くんが一音一音しっかり弾く「エレクトリカルパレード」はこのアルバムの為に録音されたもの。小学生とは思えぬ、このキレのあるピッキングは素晴らしい。「でっかいばあちゃん」という曲のPVを観たんですが、ナニワの光速ウクレレ少年と呼ばれる彼らしい最高のキャラと楽曲。コストコで売ってたウクレレを見てはじめたと言っていたけど、なんかいい子。将来がめちゃ楽しみです。

 

ラストもこのアルバムの為の録音ですが、実写化された「美女と野獣」のサントラで山崎育三とデュエットした昆夏美がウクレレとともにソロで歌い上げるテーマ曲なんですが、これが素晴らしい。圧倒的な音圧と安定した音程はまさにミュージカルで輝く人ですね。スペシャルトラックとしてラストに入れたまさに熱演でした。

 

ひとことアロハコラム

前回ここでフェンスをコアの木みたいに材木を加工して作っていると書いたんですが、3カ月かけてやっと完成しました。お見せできないのが残念ですがなかなかいい感じに仕上がりました。

これに気を良くして次は寝室の90年代っぽいダサい合板仕上げを張り替えることを目標にしてみたのですが、これがなかなか着工できない。イメージはカリフォルニアのサーフ系セレクトショップのロンハーマンのあのかっこいい壁。詳しい人に聴いたらあの感じをシャビーというらしいのですが、材木にわざと荒く白いペンキを塗って、布で適当に拭くと下の木目が出て、古びた朽ちた感じになるということなんですが……。なんか雰囲気わかりますか? 着工できない理由は外のファンスと違って室内は失敗が許されません。今以上にカッコ悪くなってしまってもそこで寝るしかないし。そんな訳で昨日もみなとみらいのロンハーマンで何度目かの下見をしてしまいました。最もきれいに仕上がっているジュエリーコーナーではシルバーのリングを買わされそうになったり危ない思いもしつつ、細かいところまで観察できました。3月中の完成目指してまずは材木選びからスタートしたいと思います。