コラムコラム

第89回 “アロハ・ヘブン” シリーズ、10年目の集大成2枚組ベスト盤登場

2015.01.29 ハワイアンCD
このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンボックス / ハワイアンヴァリアス・アーチスト
アロハ・ヘヴン プレミアム・ベスト
(国内盤 VICP-70179)

2002年にはじめて “アロハ・ヘブン” が発売されてから、早いもので10年が経ったんですね。今年2011年の“アロハ・へブン”は “マウロア” というタイトルで、6月22日に発売されます。
今回ご紹介するのは、過去9作のベスト編集盤です。ケアリィ・レイシェル、ナレオ、ライアテアなどお馴染みのメンバーに加え、パリ、カジメロ、マカナなどなど豪華絢爛なラインアップの代表曲ばかりが2枚のCDに36曲。お値段、3,500円。しかもSMH-CDという音がとても良い仕様です。ジャケットもかつてのイラストに戻っていい雰囲気ですね。
思えばこの10年って大きいですよね。“素敵なフラスタイル” が創刊されてフラの裾野がグンと広がり、フラだけじゃない、キルトやステンシル、リボンレイなどたくさんのハワイアン・カルチャーが紹介され、生活にハワイを取り入れる人がとっても増えました。
同時に、バックグラウンドに流れるハワイアン・ミュージックが必要とされていて、それに応えてきたのが “アロハ・ヘブン” でした。
いろいろな会場でこのCDを売ってきました。いろいろな人とお話ししてハワイって多くの人の人生を豊かにしているんだなと実感してきました。もちろん僕の人生も。

ひとこと“ALOHA”コラム

5月28,29日に藤沢市・江ノ島で開催される予定だった“アロハ・サンセット”は大雨の影響で中止になりました。僕は“アロハ・ヘブン”のCDを販売に行く予定でした。1日目のケイキの日は、多くのケイキちゃんの憧れのステージということで、各ハラウ特訓していたはずだし、お母さんは寝ずに衣装を作ったりと思い入れがあるはずだからがっかりですね。こんなに早く梅雨入りするなんて、花粉が終わってやっと初夏を満喫ってタイミング。しばらく雨かぁ…何をモチベーションに梅雨を乗り越えるか? それが目下の課題。とりあえずアウトレットのナイキ・ショップに行って、少し派手目なランニング・シューズ買ってみました。