コラムコラム

第99回 ヴォイセス・フォー・ネイチャー

2015.01.29 ハワイアンCD
このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンヴォイス ~ハワイの心を歌にのせて~(DVD作品)ヴォイセス・フォー・ネイチャー
(アロハサウンド ALOC-022)

ハワイに古くから自生している植物は1000種ほどあるそうで、そのほとんどがハワイでしか見ることができない、さらにはその半数が現在絶滅の危機に瀕しているとのことです。
これを受けてオアフ島マノアにあるハワイアン植物園が中心になって行っている“絶滅危惧種救済プロジェクト”のチャリティーCDがこちら。 集まったメンツは、元ハパで今は“マモ”のヴォーカルであるネイサン・アウェアウ、ナー・パラパライのピアノで有名なアーロン・J・サラ、エイミー・ハナイアリイとの活動も多いギタリスト、チノ・モンテーロ、それにウクレレのハーブ・オオタ・ジュニア、そして山内雄喜さん。それぞれがハワイへの想い、そしてハワイの大自然への敬愛を込めて切々と歌います。
こんなボーカルアルバムあまり聴いたことないし、なんかすごく、心にがんがん入ってきます。もちろん山内さんは切ないスラッキー・キー・ギターで泣かせます。
チノ・モンテーロや、EXILEのバックでも活躍するというザニック・リンゼイなど、普段表に出ない人の歌が意外に良くて、そんな意味でも楽しめました。 ハワイでは、車で行けて、気軽な海遊びを選択してしまいがちですが、中高年世代としてはトレッキングもいいですよね。このアルバム聴いていると、いつか行ったような、それとも夢で見たのか? 振り返ると海がすぐそこに見下ろせるような入口から入って、徐々に深くなる緑の深さに圧倒されながら、その奥が見たくて、どんどん進んで行ってしまいそうな、そんな感覚に包まれます。
ハワイの植物のことほとんど何も知りませんけど、小さな花やシダにも貴重品種があって、名前もあって、ずっとハワイの土と空気と雨、それに日の光で育ち生き延びてきたんですよね。なんかいろいろと考えさせてくれる音楽集でもあります。

ひとこと“ALOHA”コラム

4月25日に私がコンセプト・選曲・監修などしている“LOVE ALOHA”というCD2枚組が出ます。詳細はリリースが近づいてきたらお知らせしますが、現在はジャケットんデザインなどやっています。 また次回進行の程をお知らせしますね!
3月も中旬過ぎたのに全然暖かくなりませんね、なんでしょう? 僕は今日も湯たんぽでPCに向かって、この原稿書いたり、AKBのコンサートの抽選に応募してしています。寒さ&花粉のこの時期が一番きついっすね。