コラムコラム

第18回 E Pili Kakou in Kauai 2007 エ・ピリ・カコウ・イン・カウアイ参加レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

レイアロハ先生とフラシスターズ

「エ・ピリ・カコウ」とは、フラを始めた頃、耳にしたワークショップ。いつか行きたいと思っていたところ、フラシスターからお誘いが! みんなでお揃いのハラウTシャツにパウスカートで参加しても良いかどうか、我がクム、ナラニ・ケアレにお伺いをたてたところ、二つ返事でOK。

今年2月23~25日、ヒルトン・カウアイ・ビーチリゾートに行ってきました。

当日は早朝4時半にフラシスターが家に迎えに来てくれて、オアフ島ホノルル空港から一路カウアイへ。我々5人内(3人はフラシスター)は午前6時にはホテルに到着しましたがすでに長蛇の列。そこには、『素敵なフラ・スタイル』No.18 で取材させていただいたチンキイ・マホエ先生とハラウメンバーも並んでいました。挨拶をしながら、これからの予定を話しこの瞬間を分かち合うことができました。

エ・ピリ・カコウは多くの有名クムフラによるワークショップが2日間に渡って開催され(エ・ピリ・カコウ開催は足掛け3日間)、一人最大4クラスを受講することができます(詳しくはフラ・スタイルNo.18参照)。受講受付は朝7~9時。人気のクラスは締切もあります。

私は結局、初日午前の部はレイアロハ・アミナ先生のアウアナ、午後の部はサニー・チン先生のアウアナ、翌日の午前中はケアラ・チン先生のアウアナ、午後は、チンキイ・マホイ先生のカヒコのクラスをチョイスしました。さらに毎晩、習った曲の発表をする場としてHo’olaule’a(ホウラウレア)があります。

エ・ピリ・カコウのすごいところは、ハラウという垣根を越えて、さまざまな先生から自由に学べることです。昔はフラのステップを人に教えるのはタブーとされていたそうです。先生同士が仲良く話をすることもまれ。ハワイのフラの世界には、やはり自分が一番と思うあまりジェラシーというエネルギーが存在するのも事実です。

しかし、知識の情報交換が出来る素晴らしい場であるとナラニ先生はおっしゃいます。先生にとっても、スキルアップやコミュニュケーションの場なのです。先生が別の先生のクラスを取る…素敵な光景だと思います。

もうひとつすごい点は、フラ最高峰の祭典メリー・モナーク・フェスティバルに出場する先生のクラスが受けられることです。それぞれの先生のスタイルを感じることが出来ました。

名誉クプナ(’06)ケアロハ先生とフランク先生

まずレイアロハ先生は、クラスのはじめに体の部位を示すハワイ語を教えて頂き、昨年の名誉クプナ、ケアロハ・カラマ先生に贈る曲「Kealoha」を習いました。このエ・ピリ・カコウでは、名誉クプナに捧げる曲が必ずホウラウレアで披露されるのです。

次は、サニー先生から「He Aloha No ‘O Wai’anae」。この曲、ナラニ先生からすでに教わっているので、同じ曲を習うのはいちばん厄介です。準備体操をしっかりやり曲に挑むのですがよく回る振付。正面がどこだか分からないと大変です。アラカイのロパカさんとジーナさんがお手本となって踊ってくれました。フォーメーションが複雑なだけにきれいで、とても楽しかったです。

次の日は、ケアラ・チン先生。曲は自作の「Ma Alula」。屋外の芝生の上で、風を感じ太陽を感じながら踊るのはとても楽しい時間。教え方が上手で、自分の声で作った自作CDを持っておられたので、購入しました。先生へのサポートにもなりますしね!

最後は、チンキイ先生。実は『素敵なフラ・スタイル』取材の時、レッスンを見学しながら密かに一度、踊ってみたいと思っていました。右に踊ったら、次は左。アップダウンの激しいカヒコです。チンキイ先生のハラウでは、2時間のレッスンの間、おしゃべりはご法度、水も飲まないし食べない。とにかく休み時間が無い。先生の声自体が小さいので、とても緊張しました。難しかったです。

ちなみにチンキイ先生も自作のCDを持参。曲は、カウアイ島にちなんだ「Kaua’i,’Aina Uluwehi」。ムーン・カウラカヒ氏、あのマカハ・サンズのメンバーの作曲です。この曲は先生のオリジナル。それを教えて頂いたわけですから宝物ですね!

夜はそれぞれの踊りの成果をホオラウレアで発表します。チンキイ先生の生徒さんたちはフラ歴10~20年のベテラン揃い。

みなさんそろってサニー先生のカヒコのクラスを取っていましたが、立派に踊り上げ、サニー先生大絶賛でした。

チンキイ先生の生徒さんたち

最後の日の朝、「クカクカセッション」というコーナーがあり、ここでは先生たちに気軽に質問可能。こうして大満足のカリキュラムは無事終了です。

この3日間はとても貴重な時間でした。チャンスがありましたら、ぜひ思い切って参加してみてはいかがでしょうか。

☆今年のエ・ピリ・カコウ・イン・ジャパンは2007年8月2~4日。
詳しいお問い合わせは西鉄旅行
http://www.nishitetsutravel.jp/hula/epili_japan/index.html
までどうぞ。