コラムコラム

JALハワイリゾート路線が熱い!俺の機内食

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本航空(JAL)は、日本発ホノルル線の機内食を9月1日から一新し、ホノルル線の新サービス第1弾として、9月1日からスターシェフや人気レストランとのコラボレーションメニューを提供しています。さらに、深夜発便(羽田発便)で機内消灯時間を長く確保したり、また、機内の新サービスとして女性専用パウダースペースを設置したり、未就学の子供向けに機内で楽しめる絵本や玩具の搭載を充実(共に10月1日からサービス開始)したり、リゾート路線に適した新サービスを導入。

ビジネスクラスで提供する新たな機内食は、JALが欧米線で提供するサービス「スカイオーベルジュBEDD(ベッド)」のスターシェフ山田チカラ氏がホノルル線のために考案した「BEDD for Resort」を提供。エコノミークラスでは「JAL Kitchen Gallery(JALキッチンギャラリー)」として、今話題のレストラン「俺のイタリアン」や「俺のフレンチ」とのコラボメニュー“俺の機内食for Resort”や、到着前の朝食としてハワイ生まれのハンバーガーショップ「クア・アイナ」とのコラボレーションメニュー“クア・アイナfor Resort”を提供。

とことんハワイのリゾート感を演出するために乗降時に流す音楽は、ハワイの雰囲気を十分楽しめるようにハワイ出身のウクレレ奏者ジェイク・シマブクロ氏が作曲・演奏するJALオリジナル曲。ハワイへの期待感と楽しかった旅の余韻に浸れる雰囲気を演出しています。
■日本航空
http://www.jal.co.jp