コラムコラム

ポリネシア・カルチャー・センター開園50周年 すべてはフキラウから始まった!

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最大のポリネシアのテーマパーク「ポリネシア・カルチャー(以下PCC)」が10月に開園50周年を迎えました。50年前の1963年10月14日に、ポリネシアのエンターテイメントやアート、教育、人々との交流をベースにした新しい試みがスタート。これまでに3,700万人以上の人が訪れ、世界で唯一のポリネシアのカルチャー・ツーリストアトラクションとして現在も進化しています。

PCCでは、5万坪の広大な敷地内にポリネシアを代表する6つの国と地域“ハワイ、サモア、タヒチ、トンガ、フィジー、アオテアロア(ニュージーランド)”のそれぞれの村を再現し、来場者は楽しいアクティビティや展示などを通して文化体験することができます。またラパ・ヌイ(イースター島)とマーケサスの展示も行っています。
最新情報としては、今年3月に「ハワイアン・ジャーニー」映画館が改装オープン。火山の洞窟を思わせる入口や最新サウンドシステムを駆使した座席、美しいハワイの秘境映像を楽しめます。古代ハワイの土地利用単位「アフプアア」をコンセプトにした新しいハワイ村、アリイ・ルアウが楽しめるレストラン「ハレ・アロハ」も今年改装が終了。また、歌やダンスのハワイアンエンターテイメントと共に楽しめるルアウ・ディナー、感動を呼ぶ迫力のナイトショー「HA:ブレス・オブ・ライフ」も人気です。

フキラウから始まったポリネシア・カルチャー・センター50年の歩み
http://www.risvel.com/news/459

■ポリネシア・カルチャー・センター
開園時間:午後12時から21時まで
休園日: 日曜日、感謝祭、クリスマス
ポリネシア・カルチャー・センター日本地区販売総代理店
株式会社パシフィックリゾート
フリーダイヤル:0120-080-165(月-金 9:00am-6:00pm)
公式ホームページ: http://polynesia.jp