コラムコラム

日本で話題沸騰中のレモン塩のようなオリジナル特製塩を使った料理

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・d10095-9-449787-0ワイキキ・ビーチ・リゾート内のワイキキビーチを一望するレストラン「バリ・ステーキ&シーフード」では、日本でも魔法の調味料として話題の“レモン塩”のように、ハワイ島コナ産のシーソルトをベースにしたスモーク塩、シトラス塩、バニラ塩などのオリジナル特製塩を使い、素材の良さを最大限に引き出す料理を提供しています。このシーソルトは栄養豊富ということだけでなく、通常のテーブル塩よりナトリウム成分が48%も少ないため、まろやかさと深みのある塩味が特徴。

スモーク塩:
ハワイ産キアヴェのウッドチップを使い、塩を最低でも4日間燻製。この燻製によって塩の色は焦げ茶色に変わり、塩の中に非常に強いスモークの香りが浸出。ステーキ料理の味を決める時、厨房からテーブルに運ばれる寸前に使用。

★ トマホーク 120ドル(2人前)d10095-1-886967-0
★ フィレミニヨン 45ドル(226g) 54ドル(340g)
★ ニューヨーク・サーロイン 48ドル

シトラス塩:
レモン、ライム、オレンジの皮を完全に乾燥させた後、皮を粉末状にしてコナ産シーソルトと混ぜ合わせて数日ねかせると、シーソルトは柑橘類の皮の天然オイルを吸収。ホタテのたたきや魚介類のカレーの味を決める時だけでなく、メニューにある様々な魚料理の味を決める際に使用。

★ ローステッド・マヒマヒ 34ドル
★ レッド・カレー・シーフード・メドレー 52ドル
★ ダイバー・スキャロップ 18ドル

■ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート
公式サイト: http://hiltonhawaiianvillage.jp