コラムコラム

スパム大好き集まれ!スパム料理を楽しむお祭り

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハワイのローカルフードに欠かせないランチョンミートの缶詰「スパム」。日本でも“スパムむすび”で知られているように、ハワイ州1人当たりのスパム消費は全米一高く、毎年約700万缶ものスパムが食べられている。今年で13回目を迎えるハワイらしいユニークなお祭り「ワイキキ・スパムジャム」は、毎年約2万5,000人以上の地元の人や観光客が一緒になって料理やハワイアン・エンターテイメントを楽しめる。また、スパムジャムオリジナルグッズやハワイアンクラフト商品も販売。

スパム2

今年のワイキキ・スパムジャムは、5月2日(土)午後4時から午後10時までカラカウア大通りが歩行者天国となり、嗜好を凝らしたスパム料理を提供する地元のレストランがブースを出店する。今年はポルトガルソーセージ・スパムやスパムラーメン、また今回のイベントでデビューする新製品のスパムスナックなど、3種類のスパム製品を試食できるステーションが加わる。

 

今年の主な出展者次の通り。

ABCストア、アトランティス・シーフード&ステーキ、チャイズ・ワイキキ、チーズバーガー・ワイキキ、カレーカフェ、デュークス・カヌークラブ・ワイキキ、エッグスンシングス、ゴードン・ビアーシュ、ハードロックカフェ、フラグリル、ジミー・バフェット・アット・ザ・ビーチコマー、マック24/7、マハロハバーガー、オノ・ポップス、P.F.チャンズ、シーフード・ビレッジなど。

 

■ 第13回 ワイキキ・スパムジャム(Waikiki SPAM Jam)

日 時: 2015年5月2日(土)午後4時〜午後10時

会 場: カラカウア大通り(ロイヤルハワイアン通り〜カイウラニ通りの区間)

入場料: 無料

URL:  http://www.spamjamhawaii.com