コラムコラム

NEW!フェスティバル・ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ直前特集! ミス・アロハ・フラ2015 ジャスミン・カレイヒヴァ・ダンラップ独占インタビュー 第3回「日本のフラダンサーへアドバイス」

hula1572

Photo:Kazushige Mori

いよいよ今週末19~21日に迫った、フラとハワイアンミュージックの祭典「ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ」。全日程に出演するミス・アロハ・フラ、ジャスミン・カレイヒヴァ・ダンラップさんから、日本のフラダンサーに向けて、アドバイスをいただきました。

 

――第2回のインタビューでは、日本のフラダンサーは一生懸命フラに取り組んでいるとおっしゃっていましたね。彼女たち(彼ら)を見ていて、何かアドバイスはありますか?

「そうですね…日本のフラダンサーを見ていると、クムや先生に言われたことについて、質問するのに萎縮してしまって、『はい、わかりました』と言ってしまうことがあるように思います。本当はわかっていなくても。そうするとまたわからなくなってしまいますよね。先生にしてみても、質問をされたほうがこの人は一生懸命理解しようと取り組んでいるんだなというのも伝わりますし、わからないことは絶対に聞いたほうがいいです。聞かないと理解できないですしね。

あとは、自分のスタイルにぴったりのハラウを見つけることが大事です。ハラウを選ぶときに文化とか歴史とか、価値観などが自分に合ったところで学んでほしいですね。コンペティションで勝てるハラウ、というのはたしかにあると思いますし、人間誰でも負けるよりは勝ったほうが嬉しいとは思うのですが、フラにとってはコンペティションで勝つことだけが重要なことではありません。自分のフラを表現できる場所を、自分のハラウにしてほしいと思うのです。わたしはミス・アロハ・フラになりましたが、それは勝つことだけじゃなくて自分を高めるために選んだ道なので、そういったことをきちんと自分に問いかけて、練習を重ねるしかないし、それが大切なことなのです」

――どうしてもうまくいかないという時はありますか?

「ええ。誰でもうまくいかない時期はありますよね。コンペティションでもショーでもそうだし、あとは振付を覚えられないとか、ミスばかりして叱られてしまったりすることも。でもそこで、うまくいかない自分に腹を立てたりするよりも、とにかく落ち着いて、なぜうまくいかないのか? なぜ間違えてしまったのか?というのをわたしは冷静に考えます。そして丁寧にひとつひとつ覚えていくことですね。あとはそうですね…振付が覚えられなくても、逆に時間をかけて覚えたほうが自分に残るかもしれないし、習ってすぐサッとできちゃったら、つまらないじゃないですか(笑)! 時間をかけて頑張って練習したから、本番のステージで踊って報われるというものなのだと、私は思いますよ」。

 

【開催概要】

フェスティバル ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ 2015
メリー・モナーク・フェスティバルとナ・ホク・ハノハノがやってくる!
2015年9月19日(土)~21日(月・祝)

場所:東京ドームシティホール

公式サイト→http://nahiwa.com/2015/

9月19日(土) 昼の部(カヒコデー)=12時開演 / 夜の部(アウアナ・ナイト)=16時半開演

9月20日(日) 昼の部=12時開演 夜の部=16時半開演
9月21日(月・祝) 昼の部=11時開演 夜の部=15時半開演
※9/19(土)の「カヒコ・デー」はフラの演目が全てカヒコ(古典フラ)となります。
※9/19(土)の「アウアナ・ナイト」はフラの演目が全てアウアナ(現代フラ)となります。
※9/20(日)、9/21(月・祝)は、昼・夜どの回でも古典フラと現代フラを楽しめます。

◇R席=14,400円 ◇S席=12,400円
◇A席=10,300円 ◇B席=8,200円
◇立見第2バルコニー=7,200円 ◇立見第3バルコニー=5,100円
◇一日通し券R席=28,800円 ◇一日通し券S席=24,800円
※一日通し券には特典として公式プログラム、オリジナルTシャツ(非売品)付き

◇レディースシート=12,400円 ※女性限定席でローソンチケットのみで販売

ローソンチケット http://l-tike.com/classic/nahiwa/