コラムコラム

NEW!ホロ・マイ・ペレ、大評判に

NEW!ホロ・マイ・ペレ、大評判に" data-hatena-bookmark-layout="simple" title="このエントリーをはてなブックマークに追加">このエントリーをはてなブックマークに追加

フラを学ぶ者なら知らぬ人はいないほど有名な火山の女神ペレ。ペレの恋人ロヒッアウをカウアッイ島からハヴァイッイ島へと連れてくるよう命じられたペレの末の妹、ヒッイアカの旅の物語は『ペレとヒッイアカ』という、さまざまなシーンを切り取られ、フラで演じられ、遠い古代ハワイから現代まで脈々と受け継がれてきました。

 

そんな『ペレとヒッイアカ』の物語をクムフラ、プアラニ・カナカッオレ・カナヘレが執筆したのが本書、『ホロ・マイ・ペレ』です。日本語版が9月17日に発売され、大変な評判となっています。近々、日本の主要メディアで特集される予定です。

 

HOLO-MAI-PELE-COVER

ホロ・マイ・ペレ -女神たちの旅路-  2700円(税込) イカロス出版

 

毎年ハワイ島ヒロで開催されるフラの祭典「メリー・モナーク・フェスティバル」でも、さまざまなハーラウが『ペレとヒッイアカ』を題材にしたフラ・カヒコを披露し、技と芸術性を競い合います。

しかし、披露されるのは、壮大な『ペレとヒッイアカ』の物語のうちのほんの一部分だったり、たったひとつのチャントだったり。

そんなペレの物語代々受け継いでいるのがハワイ島ヒロを拠点に活動するフラの学校、ハーラウ・オ・ケクヒ。ハーラウ・オ・ケクヒを主宰する当時クムフラとしてハーラウを率いていたプアラニ・カナカッオレ・カナヘレと、現在もクムフラを務めるナラニ・カナカッオレを中心に結成されたクリエイティブ・チーム。彼らによりフラ・ドラマ『ホロ・マイ・ペレ』として舞台パフォーマンス用に再編したものが、本書の元となったものです。このフラ・ドラマ『ホロ・マイ・ペレ』は、1994年カウアイ島で初演され、踊りつがれ、ハワイ諸島のみならず、アメリカ本土やメキシコ、そして2006年には東京でも演じられ高い評価を受けました。

初演当時は、2006年に東京で演じられたものよりもはるかに長い舞台だったと言います。それほどにハーラウ・オ・ケクヒが受け継ぐペレの物語は深く広く、森羅万象を描きハワイの人々の記憶を閉じ込めた貴重な資料でもあります。

holomaipele-page 6

書籍『ホロ・マイ・ペレ -女神たちの旅路-』より

 

本書『ホロ・マイ・ペレ』完全日本語版は、舞台『ホロ・マイ・ペレ』で演じられたチャント(詠唱=完全ハワイ語によるうた)をプアラニ・カナッカオレ・カナヘレが書籍用に執筆し直し、解説を加えて2001年にハワイで出版した写真集の完全日本語版です。 ※英語版は米国アマゾン等で現在も販売中(英語版 英語版DVD

 

本書は、ハーラウ・オ・ケクヒを含む伝統と文化継承を目的に活動するイーディス・カナカッオレ財団の全面協力のもと、ハーラウ・オ・ケクヒと公私ともに親交の深い吉田玲子らが翻訳を担当し、著者プアラニ自身も日本語版のために新たな解説を書き下しました。さらにクム、プアラニの娘でありクムフラでもあるケクヒ・ケアリッイカナカッオレオハイリラニが、舞台『ホロ・マイ・ペレ』がいかにして生まれ、日本語版出版に至るまでの経緯を明らかにしています。

チャントに添えられた写真も、2001年版から完全に一新。火山写真家として有名なTom KualiiとBruce Omoriの作品なども加わり、日本人が見たことがないペレによる超自然世界がページの隅々まで繰り広げられています。

holomaipele-page 27

© Pualani Kanaka’ole Kanahele Photo: © Bruce Omori – Extreme Exposure Fine Art Gallery, www.extremeexposure.com

 

本書にはフラが初めて記録されたチャントも収録されています。フラを学ぶ者にとって貴重な資料であることは間違いありません。

 

◆著者について

プアラニ・カナカッオレ・カナヘレ

Pualani Kanaka’ole Kanahele

pg 4 traditon Pualani Kanahele

純ハワイアンの血を引き、祖先系統継承の責任者でもある。数世代に渡りフラ伝統芸能を引き継ぐ一家に生まれ育つ。西洋教育機関で学び、芸術分野で学士号を取得。2006 年冬、69歳でハヴァイッイ大学マーノア校より哲学博士号を取得。ハワイ大学システムで準教授として勤務した後退職。ハワイ大学ヒロ校、マウイ短期大学、ハヴァイッイ短期大学にて教鞭を執る。ハーラウ・オ・ケクヒのクムフラを退き、現在はイーディス・カナカッオレ財団の会長として活動を行う。2011年3月、カメハメハ・スクールの出版部門より『カ・ホヌア・オラ』刊行。

 

◆本の購入は下記をクリック!

Holo Mai Pele ホロ・マイ・ペレ

‐Journey with Goddesses 女神たちの旅路‐HOLO-MAI-PELE-COVER

 

著者 プアラニ・カナカッオレ・カナヘレ
訳者 吉田玲子
協力 イーディス・カナカッオレ財団
定価 2700円(税込)
判型 B5変型 182×257(横長変型)  ※短辺綴じ
本文 112ページ
発売 2016年9月17日