コラムコラム

NEW!世界で愛される楽器ウクレレ 「ウクレレ・ピクニック・イン・ハワイ」開催

NEW!世界で愛される楽器ウクレレ 「ウクレレ・ピクニック・イン・ハワイ」開催" data-hatena-bookmark-layout="simple" title="このエントリーをはてなブックマークに追加">このエントリーをはてなブックマークに追加

今年で10回目を迎える「ウクレレピクニック・イン・ハワイ」は、2018年2月11日(日)午前9時より日没まで、カカアコ・マカイ・ゲートウェイ・パークで開催されます。まるでピクニックのように屋外のリラックスした雰囲気の中、ハワイ発祥の楽器ウクレレを楽しみたい、より多くの人にウクレレに親しんでもらいたいと始まりました。神奈川県湘南で2000年に始まったウクレレピクニックの姉妹イベントでもあります。

 

イベント開催中は、特設された2つのステージで、ハワイや日本をはじめとする世界各国から集まったウクレレ奏者が演奏を行います。

ハワイからクアナ・トレス・カヘレ、カレイ・ガミアオ、ジョディ・カミサト、台湾からStarWish、そして日本からは関口和之と関口バンド、マイク眞木、岡田央、Keiko(Ao Aqua)といった現代のウクレレ界を代表する演奏者の出演が決定しています。

マイク眞木は、昨年発表したハワイ語版「バラが咲いた」(訳詞:クウイポ・クムカヒ、編曲:ネイサン・アヴェアウ)を日本からの参加者と一緒にステージにて演奏する予定です。

 

また、例年通り100本のウクレレを地元団体に寄付します。そして過去にウクレレを寄贈したサルベーション・アーミーの子供たちがステージで日頃の練習の成果を披露します。会場では、ウクレレのワークショップやウクレレが当たる抽選会、フラやハワイアンクラフトのワークショップも開催。その他、ハワイの有名ウクレレメーカー、クラフト、フードのブースも出展。

前日には「第7回インターナショナル・ウクレレ・コンテスト&フラショー」がワイキキのインターナショナル・マーケット・プレイスで開催されます。ビデオによる予選選考を通過したウクレレ奏者がウクレレの腕を競います。

 

車での来場者は、カカアコ・マカイ・ゲートウェイ・パークに隣接する駐車場を使用できます。また、ワイキキから会場までの無料送迎バスもありますので、ワイキキからも気軽に立ち寄ることができます。

 

第10回ウクレレピクニック・イン・ハワイ

http://www.ukulelepicnicinhawaii.org