コラムコラム

第3回リリウオカラニ女王を讃える「Lili’u E」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語歌詞

リリウ、美しい様子で腰かける貴女さま
その身体は可愛がられる人形のよう

その目はとても美しく輝き
頬はふっくらと愛らしい

その肩は扇のよう
胸元はとても優しく

膝はえくぼがあって愛らしい
足はスツールの上に静かに置かれている

この歌を終えます
リリウ、美しい様子で腰かける貴女さま
リリウを讃えて

今でもハワイの人々の尊敬を集める女王、リリウオカラニ

よく知られたこの曲は、ハワイ王朝最後の君主、リリウオカラニ女王に捧げられたもので、もとはカメハメハ家のキナウ(*2)に捧げられたナンバーともいわれています。曲の初めから終わりまで、ウエヘステップで通されるので、ウエヘのトレーニングにもよく使われます。
リリウオカラニ女王は、兄のデーヴィッド・カラーカウア王が療養先のサンフランシスコで1891年に帰らぬ人となったあと、彼のあとをついで王位に就きました。時を置かず、夫であるジョン・オーウェン・ドミニスも死去。兄と夫を相次いで亡くしたリリウオカラニは悲劇の女王と呼ばれることもありますが、とても聡明で責任感の強い君主として今でもハワイの人々の尊敬を集めています。
自分の治世に王権を奪われ、のちに起きた王党派によるクーデターについて知っていたのに隠していたのではないか、という犯罪隠匿の罪に問われ、イオラニ宮殿に幽閉されてしまったリリウオカラニ。王位に返り咲くことはありませんでしたが、幽閉を解かれたあとも、亡くなるまでの間、全力でハワイの人々のために尽くしたことは広く知られています。また、音楽家としての才能にも恵まれ、「アロハ・オエ」をはじめとして、実に150曲以上の楽曲を残しています。

語句の解説

①リリウ(Lili’u)とは、ハワイ王朝最後の君主リリウオカラニ(Lili’uokalani)女王の略。

『素敵なフラスタイル』No.43転載/文責:Ayumi kekamaikamalukoa Hida)

 

<こちらもおすすめ>

これだけは知っておきたい古典フラ
第1回カラーカウア王を讃える 「Käwika(カーヴィカ)」
第2回サーフィンは王族たちにも大流行「He’eia(ヘエイア)」