コラムコラム

スパム大好き集まれ! スパム料理を楽しむお祭り

このエントリーをはてなブックマークに追加

90年以上も前から販売されているハワイのローカルフードに欠かせないランチョンミートの缶詰「スパム」。日本でも「スパムむすび」で知られているように、ハワイ州1人当たりのスパム消費は全米一高く、毎年約700万缶ものスパムが食べられています。

 

今年で17回目を迎えるハワイらしいユニークなお祭り「ワイキキ・スパムジャム」は、毎年約3万5,000人以上の地元の人や観光客が一緒になって料理やハワイアン・エンターテイメントが楽しめます。カラカウア大通りが歩行者天国となり、スパムバーガーやスパムドッグ、スパムチャーハンからデザートまで、ユニークなスパム料理を提供する地元レストランがブースを出店します。

 

 

今年は、フラグリル、ワイキキ横丁、PFチャンズ、マハロハバーガー、ノイタイ・キュイジーヌ、エッグスンシングス、バサルト・レストラン、ブホなど、ホノルルで話題のレストラン計20店が出店予定。

 

会場では、著名なアーティストによる本格的なハワイアンミュージックや実力派ハラウによるフラのパフォーマンスを3つのステージで楽しめるほか、 Tシャツやショーツ、サンダルなどのスパムグッズやハワイアンアートやクラフトも販売。イベントの収益は、ハワイ・フードバンク、ワイキキ・コミュニティ・センター、ビジター・アロハ・ソサエティなど、地元の非営利団体へ寄付されます。

 

 

 

第17回 ワイキキ・スパムジャム(Waikiki SPAM Jam)

日 時: 2019年4月27日(土)午後4時〜午後10時

会 場: カラカウア大通り(ロイヤルハワイアン通り〜カイウラニ通りの区間)

入場料: 無料

URL:  http://www.spamjamhawaii.com