コラムコラム

NEW!エイミー・ハナイアリィ『Kalawai`anui』

2019.07.02 ハワイアンCD
NEW!エイミー・ハナイアリィ『Kalawai`anui』" data-hatena-bookmark-layout="simple" title="このエントリーをはてなブックマークに追加">このエントリーをはてなブックマークに追加

エイミー・ハナイアリィ 『Kalawai`anui』

久しぶりのジャパン・ツアーを終えたばかりのエイミー。ケアリィ・レイシェルとともに、大きなホールで単独公演を、しかも全国を回れる数少ないビッグアーチストです。

 

彼女の代表作といえば2001年の『ポウフヌア』ですが、その後もコンスタントにアルバムをリリースし、そのほとんどがナ・ホク賞に絡む活躍ぶりはハワイアン・ディーバの名に相応しいもの。スラック・キー・ギタリストとのデュオ作やハワイアンから離れてポップな曲だけ収録した作品など、アルバムを企画するアイデアが豊富なのも強味。それはいろいろなタイプの曲を歌いながらも、ハワイアンらしさを消さない彼女の力量があってのことです。

 

さて、今回のジャケットを見た私は全編ストイックなハワイアンだけのアルバムなのかな?と思ったのですが、そこはエイミー、今までの集大成的な仕上がりになっていました。

タイトル曲『カラヴァイ・アヌイ』は曲の半分を占めるチャントとその後のエイミーの気迫たっぷりの歌が聴けます。この曲はPVが公開されていて、映画のワンシーンのようなハイクォリティーを皆さんにも観ていただきたいです。

 

ウクレレのリフが可愛い『ナネア・コ・マカ・イカ・レアレア』はケイキにぴったりの楽しい曲。アルバム、ポウフヌアの頃のエイミーが懐かしい方には『マナウア』や『ヒエヒエ・ハレアカラ』が気に入るはず。スラック・キー・ギターとウクレレだけの演奏で、これぞエイミー! という素晴らしい演奏を聴かせます。

ホイケのラストで先生にソロで踊って欲しい『マカラプア』も、しっとりした極上スローナンバーで泣かせます。

その他ジャジーな曲やディズニーアニメの挿入歌のような曲なんかもあって、流石の仕上がりです。来年のハ・ホク賞では多部門でのノミネート、間違いないでしょう。

 

 

ひとことアロハコラム

空梅雨が多かった数年ですが、今年は思い切り降りますね。引き続き自宅の外回りをハワイっぽく修繕中の僕は、作業が、特にペンキ系の作業が進まず困っています。一人で家に居る時の洗濯も担当しているので、布団乾燥機の風船のようなやつの上に生乾きの洗濯ものを乗せて乾かしては畳んで、みたいなことしているので忙しいです。そこにきて日立の古い洗濯機が何度目かの故障。思い切ってドラム式のいいやつ買っちゃいました。流石あの乾燥機能の進歩には驚きました。それはいいんですが、トリセツによると柔軟剤は種類によって量を調整くださいとあります。レノア・ハピネスは多めによろしくみたいなことが書いてあるんです。いやーそれはムリでしょう、うちみたいにその時々安いやつを買うシステムなんですから覚えきれませんよ。

以上、梅雨と洗濯と柔軟剤のお話になってしまいました。