コラムコラム

コハラ 『Back to Kohala バック・トゥー・コハラ』

2021.07.04 ハワイアンCD
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は「私のCDラックから一枚」ということでご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コハラはその名の通りハワイ島北西に位置する広大なリゾートエリア、コハラにスタジオとオフィスを構えるギタリストのチャールズ・ブロットマン含む計3名のアコースティック・ギター・トリオです。

 

海の見えるスタジオに毎朝8時くらいに集まってレコーディングして、長めのランチのあと「今日は疲れちゃったから続きは明日早めにきてやろう!」と毎日3時半くらいに家路につく3人。多分そんな感じでマイペースで自分たちの音楽を作っています。

 

チャールズのナイロン弦の優しい音を包み込む2本のスティール弦の響き。この3本以外の音はベースもドラムスもコーラスもなにも入らないところがいいです。選ばれた曲も優しい旋律をもつスローな曲ばかりで安心して最後まで聴けます、もちろん寝る前に聴いてそのまま眠りにつくのもオーケー。

ただただゆるやかな弦の響きに空間がすこしづつ満たされていく感覚。複雑で細かいアレンジなんですが、そうは聴かせず、ただただ聴き手を心地よくさせることだけを考えて演奏する人たち。

 

空調のよく効いた海の見える部屋から、遥か遠くに見える白波をぼんやりと眺めているようなそんな雰囲気でしょうか。幸せな音楽、平和な音楽。

仕事や勉強がひと波越えたなーという週末の夕方、冷たい白ワインとともにどうぞ。

 

彼らは10年かもう少し前、僕が働いていた湘南のタワーレコードにインストアライブに来てくれて、大勢の人が集まってCDもたくさん買っていただきました。帰りにはアリガトウ、アリガトウと言いながら湘南の海が見たいとバスに乗って帰っていきました。いい人たちでした。

 

❖❖❖ ひとことアロハコラム ❖❖❖

私の家の2階にある、どこの家にもあるプラスティックっぽい洗面台。古いから変色して黄ばんできて今は誰も使わないただあるだけの洗面台をDIYで一から作り直しています。テーマは廃材利用でおカネかけずです。鏡はその古い洗面台のものをリメイク、台は子供が使わくなった学習机をカットして使います。ここまでは一応完成。洗面ボウルとアンティーク調の水栓は楽天で取り寄せ中です。配管など心配ですが多分なんとかなります。完成は7月中旬ですが毎週末少しづつ出来ていくのは楽しいものです。どこかにハワイらしさを出したいと思い、キルト柄の小さいなタイルを探していますがありません。どこかにないかな? もう少し探してみます。

 

 

今回のアルバムは聴けませんが、彼らのファーストアルバムがスポティファイで試聴できます! 雰囲気はこんな感じということでCheck it out!

Kohala

『KOHALA』